ファリネを使って生活が楽になりました。

私は冷え性な体質で、夏でも普通の人に比べてそんなに汗をかく方ではありません。ですが、緊張すると上がり症や赤面症みたいな反応が出て、耳が真っ赤になり額と手に汗をかく傾向にあります。

最近一番手汗を感じたのは、仕事で大分県から仙台まで出張してプレゼンを行った時です。はじめは仙台の物流管理者3名を相手に、私と同行してくれた課長と2人でプレゼンを行うという予定でした。しかし、当日になって課長が大分から出る飛行機に急用で間に合う事ができず、私一人で仙台まで行くことになりました。私は仙台には行ったことがなく、飛行機を乗継ぐ時も緊張していて若干の冷や汗をかいていました。

仙台の取引先の事務所に着いたら、そこの所長より今回のプレゼンは事前に資料を読んでたいへん興味深かったので、倉庫の人員全員で聞いても良いかとの提案がありました。その数は50人程度。課長もいなかったし、無下に断ることもできずこの人数の前で一人でプレゼンを行う事態になりました。

普段からプレゼンのような、大勢の前で話をするのはとっても苦手でした。プレゼンも何度も練習したし資料を読むだけなのですが、予想外の事が多すぎて判断力が鈍りもう恐怖でしかありませんでした。逃げ出したいのを必死で堪えて、壇上に立ちなんとか話をしました。はじめは声が震えて気絶しそうでしたが、一応早口でひと通り資料を読み上げる事が出来ました。終わった後は、手汗で資料がぐちゃぐちゃになっていました。手も握りすぎて変な色になっていました。首の裏もすごく汗をかいていて、終わった後は寒気がしました。もうあんな思いは二度としたくないです。
また、ライブなどでギターを演奏すると手汗がひどいあまりギターのネックがびしょびしょになったりします。張り替えたばかりの弦も錆びやすくなって
手汗を本当に恨んだこともあります。

そんな会社でも趣味のギターでも手汗で悩まされていた時に私を助けてくれたのがファリネでした。

手汗がすごいというのは本当に生きていくうえで大変だなと思っています。

ファリネは塗るだけで手汗を抑える事ができたので本当に感謝しています。
これからも使い続けていこうと思う。

ファリネ 口コミサイトより抜粋