汗の匂いについて。ファリネは加齢臭もおさえてくれるの?

私が最も汗をかく空間というのはトイレの個室です。トイレは密閉されているため、風が中に入ってこずに汗をダラダラとかいてしまうのです。冬なら汗をかくことは滅多にありませんが、夏の季節は本当にキツい時間が続きます。
トイレには一応窓はついてはいるのですが、そこから風が入ってくることはほとんどなく、一体何のために窓が付いているのだろうと思うこともあります。
そして最もキツいのは汗を拭くことができないということです。その理由はトイレにこもっているのが便秘だからなので、手があまり衛生的ではないのです。見て分かるほど菌がついているというわけではないのですが、心情的に手で汗を拭いとるのがイヤなのです。なのでトイレの中では汗を拭うこともできず、ダラダラと流れ落ちるのをただただ傍観しているのです。
トイレの中にもタオルは置いてあるのですが、手を拭くために置いているものなので、いろいろと菌が付着していると思うので、使うことができないでいます。どうにかトイレの中で汗をかかずに過ごすことはできないものかと思う私です
ファリネを使っても手汗にしか効果は見込めないので全体的に汗をかく私は本当に困っています。

若かったころは、夏の暑い日は全身が汗でびっしょりになっていました。新陳代謝もよくて肌も綺麗だったと思います。

最近は、夏の暑い日には部屋にこもっていることが多くて、若いころよりは、汗をかく機会がなくなってしまいました。

それでもひとたび買い物などで外に出ると滝のような汗が流れることがあります。ところが以前と比べて汗の出方が違うことに気付いたのです。

若い頃にかいた全身びっしょりの汗とは違い、私が最近よくかく汗は、なぜか後頭部から首の後ろ側にかけての箇所や背中が多いです。それもほんの短時間でだらだらと首筋や背中を伝ってゆくので、「なぜここだけ汗をかくのかしら?」と気になって仕方がありません。

しかも汗にニオイを感じるのです。たとえて言えば、揚げ物のようなニオイでしょうか。ニオイの種類としては鼻をつまむほどに「臭い」と感じるような悪臭ではないのですが、ニオイの強さとしては他の人にも伝わるほどの強さがあるのではないか?と感じています。

もしかして加齢臭でしょうか・・・とにかく耳の裏や首の後ろなどは、綺麗に洗うように心がけています。
ファリネを使っても匂いをとるのは厳しいのですね。

続きを読む

夏は大量に汗をかきやすい。今すぐできる汗を止める方法とは?

今月に入ってから急に涼しくなったのでとても嬉しいです。
私は夏が大嫌いですが、理由は汗っかきだからです。
夏は汗をかいても目立たない色の服を着るように心がけています。
黒い服を着ると白い汗シミになってしまうので夏に黒い服も厳禁です。

私は手汗もひどいのですが手汗はファリネを使っていたらずいぶん

治ってきました。

通勤でもなるべく汗をかかないようにしています。
ちょっと遠回りになってしまいますが、家のすぐ目の前にあるバス停からバスに乗って職場まで涼しく移動します。
またに時間がなくて電車に乗ることもありますが、改札を通ったり階段を上るだけで大汗をかきます。
こんな日は職場についても仕事をする気がなくなりますし、早く家に帰ることばかり考えてしまいます。
休みの日も家の中にいるかデパートなどの涼しい場所にしか行きません。
食材の買い物などは日が暮れてから近所のスーパーへ行っています。

汗をかかなくなる秋や冬は電車で通勤するので、時間短縮になるしお金の節約もできます。
自転車で出掛けることもできるので今から待ち遠しいです。

いつか、一年中涼しい街に暮らしたいと思います。

小学生の息子はいつも汗だくになって下校してきます。真夏のころは本当に、頭を洗ったのかと思うほど、びしょびしょになって帰ってきていました。今は初秋ということもあって、それほどでもありませんが、それでも、やっぱりシャツを汗でぬらして帰ってきます。
子どもって、新陳代謝がいいからなのかなあ、と思います。私からしたら、羨ましいです。

私は手汗もかかないのですが息子は手汗もすごいので

ファリネを使って治すようにしています。
それにしても、息子の汗のしみついた服は臭いです。もあー、とニオイが漂ってきます。特に靴下はすごいです。帰ってきたら、すぐに靴下を脱がせたくなるほどです。息子はいつも靴下をすぐには脱いでくれません。さきに宿題をしようとします。なので、私が宿題の邪魔をしながら、靴下を脱がせています。
小学生なのに、こんなに汗臭い状態になっていたら、高校生とかになったら、もっとニオイがきつくなっているのかと考えると、憂鬱になります。いくら、かわいい息子といえど、汗臭いのは我慢できません。今のうちに、汗をかいたらすぐにハンカチで拭くようにしつけないといけませんね。

続きを読む

汗の不快感で悩む人がファリネを使ってするべき対策について

汗の不快感で困っている方は多いですが、女性は特に気になるんではないでしょうか。まずは臭いも気になりますが、メイク崩れも気になります。べたつきやブラウスなんかだと張り付くのも大変気になります。汗をかきたくないと思ってもできることではないですよね。
そして目に見えて気になるのが汗ジミ。私の汗の悩みは断トツで汗ジミです。夏でも涼しい職場で働いているので汗ジミとは縁がないはずなんです。一般的に受付嬢と呼ばれているような仕事に就いていますのでジャケットを羽織って仕事をこなしていますが、脱がないといけないような場面ももちろんあります。でも、汗ジミが気になるんです。

そのようなひとはファリネを使うのが効果的です。

私もただ悩んでいるだけではなく、対策を練ったこともあります。汗ジミに悩む女性のための商品は数多く出ています。デオドラントスプレーも持っていましたし、脇部分に貼り付けるパットも使用していました。でも、案外お値段が張ります。それとたまに痒くなってしまうこともありました。それでも他に打つ手もなく仕方なく痒みは我慢して過ごすしかありませんでした。
いろんな商品が発売されていますが、どれもパッとしなくてだんだん諦めてしまいました。

太陽が顔を出して今日はとても気持ちのいい朝でした。新聞を取りに行くのも今までとは違い気持ちいい!天気もいいし、息子を連れ出し散歩でも行こうかなと朝から準備!
いつもは車かバスを使って駅まで行くのですが、天気の良い今日は思いきって歩いて行くことにしました。この夏は猛暑で少し歩いただけで体がだるくなるほど暑かったですが、もう秋を感じさせるほどに気持ちの良い天気。歩き始めて10分、息子と「今日はいいお天気で気持ちがいいね~。お散歩楽しいね~。」などとおしゃべりしながら歩いていました。
ところが、歩き始めて20分を過ぎた頃、「ん?なんだか背中が汗でびっしょり?」最初は気持ち良かった天気が暑くて暑くてしょうがなく感じてきました。目的の場所まではまだ10分かかる。
それからがまぁ長く感じ、まだかまだかと思いながら歩き、やっと目的の場所へ!ところが場所間違えるという痛恨のミス。また外を歩いて別の場所へ。ようやく着いたころには汗でびっしょり。
でもようやく外に出れて散歩に行けたので気持ちのいい汗を書くことができました(^^)

本当にファリネに感謝です!

続きを読む

汗のにおいについて考える。ファリネは匂いにも効果的なのか?

暑い時期が来ると気になりだすのが汗のにおいですね。
スポーツの後だとさっぱりした汗をかきますが、仕事であせった時や困った時にどっと吹き出る汗はなんだか嫌なにおいがする気がします。

前日にお風呂に入り、出勤前にシャワーを浴びて行っても嫌なにおいがする場合それは服に雑菌が残っている可能性があります。
においが気になる服で暑いお湯で痛まない素材のものでしたら一度煮洗いすることをお勧めします。
大きめのなべでぐつぐつ煮るだけです。

部屋干ししてくさくなってしまったタオルにも有効です。
においがついてしまったものは洗濯だけではきれいになっていません。
煮洗いすることで菌が消毒されてにおいの元を絶つことができます。

なべを使うことに抵抗があればお風呂場で桶に熱めのお湯で漬けて置くことでも効果があります。
そのまま洗濯機に入れると故障の元になるので一度濯いで温度を下げてから洗濯機に入れるようにしましょう。

汗をかく時期は身体も洋服も清潔にしておきたいですね。手汗でしたらファリネで対応するという事も出来るのですが山登りで特に登り坂では汗が大量に出ますよね。私たちは坂を登っている時に体の中で熱を生み出し、体温が上がっていき、「暑いなあ」と感じますよね。そこで上がり過ぎた体温を下げるために汗が出てきます。この汗が風に吹かれたりして蒸発する時に体温を奪っていきます。これで体温は下がりますが、着ているものに汗が残っていると体温を奪い続けることになります。これが「汗冷え」です。汗冷えで体温が下がり過ぎると私たちの体は体温を維持するために体の中で熱を生んで温めようとします。つまり体温を上げるためにエネルギーを使うことになり、動いてもいないのにエネルギーを消耗して疲れていくことになります。さらに体温を上げるために体はブルブル震えだします。これは体が熱を生み出すために小刻みな運動をするように脳が命令しているのです。もしずっと濡れたまま風に吹かれたりしてそのまま体温が上がらないと最悪の場合はエネルギー切れを起こして死に至ることがあります。これが昔は「凍死」と言われ、今は「低体温症」と言われるものです。山登りでは汗を含めて体が濡れることを甘く見てはいけません。山を登る人が下着と雨具にこだわるのはこのためです。

続きを読む